あなたの街の交通事故問題の専門家をご紹介する総合サイト

交通事故被害者相談ガイド

交通事故問題Q&A

Q1.交通事故を起こした場合どんな責任を科せられますか?

A1.交通事故を起こした場合、以下3つの法律上の責任を問われることになります。
①民事上の責任…被害者に対しての損害賠償。
②刑事上の責任…相手を死傷させた場合、業務上過失致死傷罪が適用。
③行政上の責任…運転免許の取消や停止、減点、反則金などの行政処分。

Q2.警察に事故があったことを届け出ないとどうなりますか?

A2.3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられます。
しかし、少しの傷やへこみなどは、修理費だけを支払って解決することも多く、この程度では警察に届け出ないのが通常です。後に保険請求などが起きなければ、問題が起きることはありません。

Q3.損害賠償の請求には期限はありますか??

A3.不法行為による損害賠償請求権の時効は3年と民法では定められています。

Q4.交通事故での怪我なども健康保険は使えますか?

A4.一般の事故と同じように健康保険による診療は可能です。

Q5.保険金は届出をしないともらえませんか?

A5.保険請求をするには事故証明が必要になります。
しかし、「事故証明入手不能理由書」にて、事故の状況と警察へ届出しなかった理由を記し、保険会社で査定し実際に事故が起こったことが証明されれば保険の対象となります。

今すぐ専門家を探す

交通事故問題に強い専門家をPICK UP!!

交通事故問題に強い専門家を「交通事故被害者相談ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

交通事故被害者相談ガイド 特設!弁護士特約が使える事務所 女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 防犯・カギの事なら.net Q&A QRコード