加害者の責任

人身事故か物損事故かで違いはありますが、交通事故の加害者には3つの責任が科せられます。


1.民事責任

加害者は被害者に与えた損害を賠償する責任が発生します。物損事故の場合は、壊れた自動車等を修復するための費用を負担すればいいのですが、人身事故の場合はそう簡単に済まされません。治療費、通院費、入院費、休業補償、後遺障害がある場合は逸失利益・慰謝料の補償。死亡の場合は、逸失利益に対する補償、精神的損害に対する慰謝料、葬儀費用などの支払い義務が科せられます。

2.刑事責任

運転中の不注意により他人を負傷させてしまった場合には、刑法上の業務上過失致傷罪、死亡させてしまった場合には業務上過失致死罪、傷害事故なら業務上傷害罪に問われます。人身事故で業務上過失傷害罪に問われる大半は略式起訴です。 ただし、傷害の程度が軽いときは、情状により刑が免除されることもあります。
しかし、事故を起こした原因が無免許運転や酒酔い運転、ひき逃げなどの場合は道路交通法違反による刑罰が加わります。 また、人身事故で特に悪質な飲酒運転などは危険運転致死傷罪に問われ、より重い罰則を科せられる場合があります。

3.行政責任

加害者が、公安委員会から免許停止や免許取消しなどの行政処分を受けることを意味します。


今すぐ専門家を探す

交通事故問題に強い専門家をPICK UP!!

交通事故問題に強い専門家を「交通事故被害者相談ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

交通事故被害者相談ガイド 特設!弁護士特約が使える事務所 女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 防犯・カギの事なら.net Q&A QRコード